コーディネート

コーディネート

ご紹介するコーディネートはあくまで一例です。おふたりのウェディングのコンセプトに合わせ、おふたりらしいコーディネートをご提案いたします。

Diary

開放感にあふれるクラウンボールルームの天井高を活かすため、細身で背の高い花器を配して会場により優雅さを。
その花器のラインを上品に魅せる花のデザインは厳かな会場のイメージをさらに高めて豪華さを演出します。
そして、爽やかな葉のグリーンと窓からふり注ぐ自然光が重なり合って心地のよい印象を与えます。

Innocent garden

邸宅の中庭、プライベートガーデンを思わせるコーディネート。
リボンカーテンやテーブルクロスのミントグリーンが、随所に配したピンクと調和して落ち着きとともに可憐な印象を与えます。
卓上は、まるで小鳥のさえずりが聞こえてくるような、ツリーの緑がいきいきとして、花瓶の小花が色とりどりに。

Innocent garden

ラグジュアリーな雰囲気をそのままに、グリーンを基調に随所に配したパープルが可憐なコーディネート。
シックなブラウンのクロスを敷いたテーブルには姫リンゴやアンティークの小物を飾ってさりげないかわいさを取り入れています。

Innocent garden

落ち着きを感じるとともに、心弾むコーディネート。
白とグリーンをテーマカラーに上質さと爽やかさを演出し、テーブルのガラス花器は、その透明感と丸みを帯びたフォルムが優しい印象で会場全体を柔らかい雰囲気に。随所に配したバラの花はかわいらしくうつくしく、アットホームな空間をつくり出しています。

Diary

ワインレッドの色調を随所に取り入れ、イギリスの洋館のような会場の趣と美しく調和するシックでエレガントなコーディネート。
卓上には、日記や読書灯を模したオブジェやキャンドル、そしてプライベート写真などを配して、まるで自宅のリビングにいるようなふたりとゲストのこれまでの時間をゆっくりと 想い起こせるやすらぎの空間に。