企業情報 - Elegance & Hospitality - 当社は、「優しい・美味しい・癒される」をモットーに、お客様にくつろげる時間と空間を提供し、ご満足いただくことで社会に貢献します。

企業情報

Best Accommodation, Best Cuisine, Best Service

※Accommodation:設備、Cuisine:料理、Service:サービス

つねにベストを求め実践すること。それが「ベストA.C.S」。

ホテルオークラ東京ベイは近隣ホテルのなかでは決して大きい規模ではありません。しかし、その代わり巨大ホテルにありがちなビジネスライクな応対から脱却できるよさがあります。お客様一人ひとりに対して、ホテルオークラ東京ベイならではのきめ細かさ、ホスピタリティあふれるエレガントなサービスが可能なのです

一歩ホテルに入れば、チェックインからチェックアウトまでスタッフの対応の素晴らしさを体感できます。ホテルの施設、設備、インテリアは宿泊することで、料理は味わうことで実感できます。だからこそホテルオークラ東京ベイではベストA.C.Sを求めるのです。そして全員がベストをめざして日々それを「実践」しているのです。

環境問題への取り組み

ホテルオークラ東京ベイ環境方針
当社は、開業25周年を期に環境方針を新たに掲げました。ホテル運営において低炭素社会を実現するため、環境への配慮を怠りません。
  • 1.省エネルギー・省資源、廃棄物の削減、リサイクル、グリーン購入を促進することで環境負荷低減に努めます。
  • 2.環境関連の法規制、並びに当社が同意した協定等その他基準を遵守します。
  • 3.環境目標を設定し、定期的な見直しを行い、環境保全活動の継続的な改善と向上を図ります。
  • 4.この環境方針は、(協力会社も含む)すべての従業員に文書化して周知徹底し、一般に公開します。

お知らせ

国内のリゾートホテルでは初のエコマークホテルの認定を取得
国際社会に通用する日本で唯一の「タイプⅠ環境ラベル」により、環境配慮に優れていると認定された宿泊施設として、公益財団法人日本環境協会より2014年1月24日エコマークホテルの認定を、国内のホテルとして2ホテル目、リゾートホテルで初めて取得いたしました。
【認定内容】
  • (1)認定機関:公益財団法人日本環境協会
  • (2)認定分野:エコマーク ホテル・旅館
  • (3)認定日:2014年1月24日
  • (4)認定番号:13 503 001
電気自動車「日産LEAF」のカーレンタルサービス
低炭素社会への貢献、環境への配慮を目的として、電気自動車のカーレンタルサービスを開始いたしました。
“アニバーサリーコーディネーター”の新設
お誕生日やお祝い、記念日など、大切な人たちとの心に残る時間と空間を作るお手伝いをさせていただくアニバーサリーコーディネーターを新設しました。宿泊、レストランなど、ホテル内のサービスをトータルに担うアニバーサリーコーディネーターが、それぞれのお客様のアニバーサリーに合わせ、一緒に考え、オリジナルのアニバーサリープランを作るお手伝いをさせていただきます。
ネーミング
アニバーサリーコーディネーター:「記念日やお祝い事のプランニングをお手伝いする担当者」
ピンバッチ
担当スタッフのピンバッチには、「大切な想い出、尊い想い出」の花言葉を持つエーデルワイスの花をデザインしました。

Anniversary Coordinator

グリーン購入ネットワーク(GPN)へ登録入会
GPNに登録入会いたしました。グリーン購入を積極的に取り組みます。
「浦安エコカンパニー宣言」を宣言
浦安市都市環境部環境保全課が中心となり、浦安市内の事業者が主体的に環境保全活動に取り組むための方策を制度化した「浦安エコカンパニー宣言」を宣言いたしました。
エコ水位シールを作成し、客室バスタブに貼付
低炭素社会への貢献、環境への配慮を目的として、エコ水位シールを全客室のバスタブに貼付いたしました。
エコ水位シールは、お客様がご入浴の際に、バスタブに入れるお湯の量を満水から、エコ水位にご協力いただくことで約83ℓのお湯と、お湯を沸かす際に発生する二酸化炭素の抑制につながります。また、排水量も抑制されるため環境への配慮にご協力いただくことになります。
「女性プロジェクト」の推進で、千葉労働局長優良賞を受賞
ホテルオークラ東京ベイは、厚生労働省が進める「女性労働者の能力発揮を促進するための取組を推進している企業」で、平成18年度の千葉労働局長優良賞を受賞しました。ホテルでは育児などの支援制度を整え、女性が長期間安心して働ける仕組みを作るため、「女性プロジェクト」を発足。この取組により調理部門の女性採用、プロジェクト参加メンバーの管理職昇進をはじめ、女性の経営への参加意識の向上などの具体的な成果に繋がりました。また、千葉県男女共同参画推進事業所としても千葉県知事賞を受賞しました。現在、「女性プロジェクト」は「おもてなしプロジェクト」と名称を変更し活動しています。「おもてなしプロジェクト」は企業理念に基づき、お客様満足度の向上に向けて、アンケート分析や市場調査などの結果から改善案を策定し、インストラクターをはじめ、案件によっては部門長や経営者へ提言するという役割を担っています。「お客様目線」をキーワードに、客観的な意見交換の場にすることを心がけ、更なるお客様満足度の向上を目指しています。
ホテル業界初の「骨髄ドナー休暇制度」で社会貢献を支援
ホテル従業員による社会貢献を支援するため、「骨髄ドナー休暇制度」と「災害救援ボランティア休暇制度」の2つを導入。「骨髄ドナー休暇制度」はドナー登録時から骨髄液提供後の健康診断までに必要な日数を休暇として認定する制度で、ホテル業界では初の制度化。また後者は1年間につき年次有給休暇と別に10日間まで有給休暇と認めるものです。ホテルではこれまでも献血募集などを通して社会貢献を支援してきました。今回の2つの制度の導入により、社会貢献を希望する従業員の負担を減らし、少しでも社会貢献をしやすい環境を整備できるものと考えています。
“ホスピタリティスーパーバイザー”の新設
お客様に、より快適なひとときを過ごしていただきたい。より素敵な思い出を作っていただきたい。そんな想いを実現するために、ホテルオークラ東京ベイでは、おもてなしの心を伝え、導くホスピタリティスーパーバイザーを新設いたしました。 ホテルオークラ東京ベイでのご滞在をかけがえのないものにしていただけますよう、担当スタッフが率先し、お客様の心に添ったサービスをご提供いたします。
ネーミング
Hospitality Supervisor:「心のこもったおもてなしの担当者」
お客様の真のご要望や心の声に耳を傾け、ご提供する商品・サービスについての最良の選択をいたします。
ピンバッチ
担当スタッフのピンバッチには、「永遠の愛情、思いやり、おもてなし、正直」などの花言葉を持つチューリップの花を、エンブレムとして添えました。

Hospitality Supervisor